日本を応援します?


by lipxlap
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日本からの巨額の資金は「南北統一」のために使われる?

北朝鮮は“統一準備完了”間近!
      ~北への警戒心薄くなった韓国~

 韓国は猛スピードで変化しています。
しかも変化は街の様子だけでなく、四月に行われた総選挙で政治的にも大きく変わりました。 選挙前は五十人に満たない小政党だった「開かれたウリ党」が、もっぱら若い世代の支持を集めて、過半数を越える百五十二人となりました。 当選者の七割が新人議員で、文字通り、これまでの政治とは無縁だった新世代の政党です。
 議員のほとんどはかつて八〇年代、軍人出身の政権(全斗煥、盧泰愚)に反対し、大学で民主化運動の先頭を走ってきた「運動圏」といわれる学生活動家出身です。
 さらに驚かされるのは、過激な労働運動で鳴らす全国民主労働組合総連盟(民主労総)の支援を受けて、民主労総の初代委員長を務めた権永吉氏が代表を務める民主労働党が議席を占めたことです。
 韓国といえば、「反共」の国でしたが、いまや「反共」は死語に近く、国会に過激労働運動家が議席を占め、しかも、選挙前の与党を上回って第三党に躍進するという、想像を超えたスピードの変化を見せているのです。
 政治がこれだけ変わっているのですから、北朝鮮への見方も大きく変わりました。金大中大統領が「太陽政策」を推し進め、南北首脳会談が行われてから、韓国民の対北朝鮮・金正日観はガラリと変わりました。 いまでは「民族」「自主」「平和統一」「民族同士で」というスローガンが前面に押し出され、この“錦の御旗”に反対するものは「反民族」のレッテルを貼られる始末です。
 南北離散家族の再会、金剛山観光、鉄道(京義線)の連結などで南北交流が進むと同時に北朝鮮がますます「警戒すべき敵」ではなく「自主的、平和的に統一すべき同じ同胞」という意識が定着、いまや韓国民は北朝鮮への警戒心をなくしてしまったと言っていいほど“ガード”を下げてしまった状況です。
 もちろん、分断された民族が、外部の影響を受けずに、自主的平和的に再統一されることは望ましいことです。それだけに、このスローガンに反対したり、疑問を投げかけたりすることが難しい雰囲気が社会を支配するようになりました。
 韓国には「国家保安法」といって、北朝鮮に行き来したり、自由に北朝鮮人と接触することを制限する法律がありますが、六月に招集される国会では、多数を占めたウリ党や民労党の主導で同法の改正、さらには廃止までが俎上に上る勢いです。
 一昨年の米軍車両による女子学生轢死事件をきっかけに、在韓米軍への風当たりが強くなり、むしろ「南北の統一を妨げているのは米軍の存在である」と考える人々も少なくありません。米軍といえば、韓国動乱(一九五〇―五三)で韓国を救った同盟軍です。その米軍の撤退を議論するだけでなく、米韓同盟のあり方までが見直されそうな勢いで、韓国政府の口から「自主防衛」までが聞こえ始めて、まさに隔世の感です。

こうした土台からの変化を見せる韓国に対して、北朝鮮はどうでしょうか。 実は一貫して北朝鮮の方針は変わっていません。 北朝鮮の国家目標は金日成主席の時代から韓半島の「赤化統一」です。 それは金正日総書記にも引き継がれ、むしろ周到に進められています。 北朝鮮がこれまで主張してきたことは、在韓米軍の撤退であり、国家保安法の廃止です。 いまや、それらの主張をことごとく“自主的”に受け入れようとしているのは韓国自身です。金総書記は労せずして韓国を“味方”に引き入れることに半ば成功していると言っても過言ではありません。
 そうした文脈から、先に行われた日朝首脳会談をみると、別の側面が見えてきます。金総書記の狙いは対日国交正常化にあります。 そのためには拉致被害者家族の帰国や不明者の再調査などはお安いご用です。 核問題は元々米国との「二国間の問題」としている北朝鮮が日本の要求に耳を傾ける余地はありません。
 ならば、対日正常化の狙いは何でしょうか。 ずばり正常化後の経済支援にあります。 その支援を何に使うのか、崩壊した経済の立て直しでしょうか。腹を空かせた国民に「米のご飯と肉のスープ」を与えるためでしょうか。あるいは、多くの日本人が懸念する核開発、ミサイル開発に使われるのでしょうか。
 そのいずれでもないとある韓国の専門家は指摘します。 日本からの巨額の資金は「南北統一」のために使われる、というのです。精神的にも武力的にも武装解除した韓国に巨額の南北統一資金を投入し、南北総選挙に打って出たとしたら、どのような結果になるでしょうか。 経済の立て直しなど、南北統一した後から、いくらでもできることなのです。
 こうした北朝鮮の狙いに対しては、韓国自身がしっかりと自由主義と資本主義によって立つ統一国家作りの哲学を堅持するしか対抗策がありませんが、現状はすこぶる心許ない状況です。 六月から始まる新国会での論議が注目されます。

世界日報 編集委員 岩崎 哲


(^0_0^)
その前に本当に韓国は北朝鮮と統一できると思っているのかな。
もし上手くいかなかったら「日本のせいだ」と責められそうで怖い。
[PR]
by lipxlap | 2004-06-01 16:02 | Korea関連