日本を応援します?


by lipxlap
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

歴史コンプレックス

北朝鮮の金正日が尊敬する人物はドイツの独裁者アドルフ・ヒトラー、父親の金日成(キム・イルソン)、好戦的な野心家の大武芸(渤海国の2代目国王)だそうです。
ヒトラーと金日成は誰もが良く知っている人物ですが、では渤海とは大武芸とはいったいどのような人物だったのでしょう。
渤海国というのはあの唐(中国)を何度も何度も撃退した高句麗の末裔が建国した国で現在、北朝鮮に住む民族の先祖に当たります。
しかし渤海(北朝鮮)はその後、唐(中国)と組んだ新羅(韓国)に滅ぼされてしまいました。
つまり渤海(北朝鮮)にとって新羅(韓国)とは唐(中国)に事大することでまんまと朝鮮半島全土を支配した民族であり、必ずしも同族ではないのです。
だから金正日も新羅(韓国)を外国勢力である唐(中国)を引き入れ、祖先の国を滅ぼした、卑劣な事大主義外交の極みであると非難しています。
一方、あの中国が北朝鮮に対してどこか及び腰なところを見せるのは、高句麗、渤海(北朝鮮)に敗北した過去のトラウマからきているらしい。
金正日が中国に対して嫌がらせや反抗的な態度を見せつけるのも、その頃の嫌悪感と撃退した自信から来ているというから驚きです。

ところで日本との関係は何なのか?
実はこの大武芸という人物は日本に度々使節を送り、聖武天皇に国書まで渡しています。
日本と渤海は未来永劫、隣国として兄弟国として仲良くやっていこうと・・・
日本も属国である渤海が朝貢してきたことに対し、大喜びだったらしい。
金正日も日本人を拉致した理由について「日本人は優秀な民族だから」と答えています。
お抱え料理人も日本人だったし、ミサイルの開発にも日本人が関わっていることからして明らかに中国や韓国に対する嫌悪感とは違う感情を持っていると思う。

ではかつての属国に見下されてしまった日本の取るべき対応とはいかに?
私は安倍さんが総理大臣になった理由もこのへんにあると感じています。
敗戦によって失ってしまった日本人の文化や誇りを取り戻すことで、北朝鮮の態度が変わるのではないかと。
もちろん全てが過去と同じようになるとは思っていません。
でももし北朝鮮と周辺諸国がまだ過去に引きずられているとしたら、あながち否定はできないのではないでしょうか。

なるほどと思ったかたは本日も愛のひとポチをお願いします。 *^-^*
[PR]
by lipxlap | 2006-10-15 00:44 | Korea関連