日本を応援します?


by lipxlap
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:国内旅行( 11 )

中国・四国旅行③

5月3日(水) ~阿波はどうぞういな~

今日もお天気は最高!いよいよ最終目的地の徳島県です。
香川県の琴平から四国山地の山間を吉野川に沿ってやってきました。
吉野川といえば昨年の夏は早明浦ダムの貯水率が0% になって大変でしたね。
しかも台風が来るとすぐ氾濫しちゃうし・・・
今年は大丈夫かな?

◆徳島市
JR徳島駅からまっすぐ眉山に向かって歩いて行くと「阿波おどり会館」にぶつかります。
ここで本場の阿波おどりを堪能して、その後みんな一緒に踊ってきました。
女性の私が言うのもあれだけど、ステージで阿波おどりを踊っているお姉さん達はみんな美人揃いでとても色っぽく見えます。
でもその後私は見てはいけないものを見てしまいました・・・
実はあまり若くはありません。(ナイショね)
エラヤチャ エラヤチャ ヨイヨイヨイヨイ!!ヾ(@o@;)ノヾ(@o@;)ノヾ(@o@;)ノ
a0020212_17552029.jpg


阿波おどり会館の5階にある眉山ロープウェイ「山麓駅」から眉山山頂まで上がると徳山市内を一望できる展望台があります。
ここはもう太平洋?海の色が瀬戸内海よりずっと青いですね。
a0020212_1758489.jpg


◆鳴門海峡
鳴門といえば、うず潮見物の遊覧船が有名ですが、連休初日ということもあって長蛇の列でした。
しかも今日の渦はあまり立派ではなかったです。残念!
a0020212_1756354.jpg


◆徳島空港
鳴門から空港までタクシーを予約しておいたところ、これが大正解!
途中で事故があったらしく、そうでなくても混んでいる道路が大渋滞になってます。
そこで私達は運転手さんに300円渡して有料道路をスイスイ~♪
早めに到着することができたので、最後は一番食べたいものを食べようということに・・・
私が注文したのは鰹のタタキ定食です。まいう~♪
(カメラの調子が悪かったので「写るんです」でパチリ)
a0020212_2139297.jpg


★讃岐うどん編はこのあとで追加します。お楽しみに!

よろしければ本日も愛のひとポチをお願いします。 *^-^*
[PR]
by lipxlap | 2006-05-07 22:01 | 国内旅行

中国・四国旅行②

5月2日(火) ~おもっしょいで讃岐~
今朝はドシャブリの雨。
でもJRで四国へ渡った頃には雨もやみました。
普段の行いが良いからかなぁ・・・な~んてか。

◆琴平
今晩泊まる予定の宿(琴参閣★★★★★)で杖を借りていざ金毘羅宮へ出発!
ここは古来より航海の守護神として崇敬されてる全国の金刀比羅神社の総本社ということもあって、長く続く参道の石段を奥社まで登ると1368段あります。
でも私は御本宮(785段)まで上ったところでギブアップ!
a0020212_1513766.jpg

a0020212_137149.jpg


御本宮で恒例のおみくじを引きました。
(σ'∀')σ なんと大吉でーす♪ ←初めてだよん
a0020212_1392520.jpg


◆高松港
午後はめちゃくちゃ良い天気になりました。
まずは高松駅前にあるサンポート高松の展望ロビーへ
そこで最初に目に留まったのが階段式護岸の「せとシーパレット」から赤灯台へ延びる玉藻防波堤というところ。
ずーっと歩いていくと、海の真ん中にいるような気分になってきます。
しばらくの間、頻繁に行きかうフェリーと瀬戸内に浮かぶ小島をボーっと眺めてました。
a0020212_1494511.jpg
a0020212_1333744.jpg
a0020212_1334616.jpg


◆小豆島
せとシーパレットからフェリー乗り場のあるほうへ歩いていったらちょうど小豆島行きのフェリーが出航するところでした。
小豆島へは高速フェリーなら30分で行くことができます。

 友達:「どうする?」
 私:「えっ何が?」
 友達:「だからどうする?」
 私:「もしかして、これから小豆島へ行こうと言ってるわけ? ひょえ~!」

というわけで、予定になかった小豆島の土庄港へ行ってしまいました。(_ _,)/~~
小豆島での滞在時間はわずか1時間。
でも瀬戸の海に沈んでいく夕陽をゆっくり堪能できたので良しとしましょう。
a0020212_136189.jpg
a0020212_41429.gif


よろしければ本日も愛のひとポチをお願いします。 *^-^*
[PR]
by lipxlap | 2006-05-06 12:59 | 国内旅行

中国・四国旅行①

ゴールデンウィークに岡山の倉敷と四国の香川、徳島を旅してきました。
あらまあ、早朝(5時半)だというのにもう空弁が売ってますよ。
しっかし、羽田の空弁は力がはいってますね。
今度は空弁を食べるために行ってみたいです。
a0020212_1244748.jpg

今回は久しぶりの国内線ということもあって、成田より緊張してたようです。
もう少しで置いてきぼりにされそうになるハプニングがありました。

 アナウンス:「岡山行きJAL○×便の最終ご案内を致します」
 友達:「何やってのよ。メイクなんて後でいいから早く、早く」 ε=ε=ヘ(@^^)ノ
 私:「先に行ってて」
 JAL:「ただいま最後のお客様が搭乗されました」
 私:「ひえっ、私が最後なの?」

奥のほうにドイツ、サッカーワールドカップの”SAMURAI BLUE2006”が見えます
a0020212_1226672.jpg


5月1日(月) ~岡山へおいでんせぇ!~
岡山はこれで3回目。関東を除けば一番訪問回数が多いかも・・・
そして訪れるたびに感じるのが強烈な県民性。
とにかくのんびりしてる。
交通整理のおじさんのせいで道が渋滞していても、電車が意味も無く遅れても、会話に妙な間が数秒空いても「ここは岡山だから~」で済んじゃうから凄い!
でもスローライフを満喫したい方にはオススメですよ♪

◆倉敷
この日の倉敷は5月とは思えないくらい暑かったです。Σ(;´□`;)アチツ
これはアイビースクエアの隣にある骨董屋さん。
ニッパー犬が屋根の上にズラ~っと並んでいます。(ちょいセンスが・・・ まっ、いっか)
a0020212_1232209.jpg

少し歩くと有名な美観地区というところへたどり着きます。
蔵づくりの街並みがとても綺麗でした。
a0020212_12264879.jpg
a0020212_13491667.jpg

お土産屋さんのショーケースに剥製の猫を発見!と思ったら本物でした。
こんなふうにじっとしている猫がいるなんて信じられない。
うちの猫と違って気品がありますね・・・
a0020212_12315270.jpg

せっかくなのでいくつか置物を買いました。どれもかわいいでしょ!
a0020212_12492669.jpg

a0020212_12494212.jpg

a0020212_12495388.jpg


◆鷲羽山
午後は倉敷から1時間ほどかけて鷲羽山へ
暑いのに展望台に上って瀬戸内海の風景を鑑賞したり、「笑う遊覧船」で瀬戸大橋の下をグルグル回ったりしてもうへとへと、ついでにお腹もペコペコ・・・
a0020212_133714.jpg

a0020212_13493381.jpg


◆アイビースクエア
この日泊まったホテルは「アイビースクエア」という紡績工場を改築した赤レンガづくりのアンティークなホテル。
前から泊まってみたいと思っていました。・*:.。☆..。.(´∀`人)
a0020212_13363055.jpg

a0020212_13552718.jpg

あれっ、何かを忘れたと思ったら食事の写真が1枚もありませんね。
羽田で食べたカレー、倉敷で食べた懐石料理と讃岐うどん。
どれもすごく美味しかったのに・・・ | 柱 |ヽ( ̄. ̄;) 反省

よろしければ本日も愛のひとポチをお願いします。*^-^*
[PR]
by lipxlap | 2006-05-05 14:45 | 国内旅行

四国、二ヶ所巡り

a0020212_23313971.gif
春休みに四国巡りでもしようかなと思って、旅行会社へ行ってきました。
(お遍路さんじゃないですよ)
ところがまだ春のパンフレットが出たばっかりだというのに、飛行機の空きが1桁しかないんですって。(格安チケットねw)

もうあれこれ迷っている場合じゃありません。
とりあえず飛行機と良い宿をキープしなければ・・・・

セーフ、セーフ!!Σ(゚д゚lll)

ああ、これで春の瀬戸内をのんびり観光船で渡って瀬戸大橋を眺めたり、讃岐うどんを食べまくれそうです。
そうそう、鳴門のうず潮も忘れてはいけませんね。
旅にはやっぱりグルメとハプニングと大自然がないと・・・

みんな早いと思った人は愛のひとポチをお願いします。*^-^*

[PR]
by lipxlap | 2006-03-05 23:31 | 国内旅行
「自然の叡智(えいち)」をテーマにした21世紀初の国際博覧会「愛・地球博」が昨日、185日間の会期を終えて、無事に閉幕しましたが、これといって大きな犯罪や事故もなくて日本らしい万博になったと思います。
ここの会場は元通りに戻すと聞いてますが、どんな感じになるか今から楽しみですね。
残念だったのは、もう一つの目的であった外交がトホホだったこと。
お目当てのプーチン大統領に逃げられただけでなく、中国の呉儀副首相にまで小泉首相との会談をドタキャンされて、なんの成果もあげられなかった外務省はこれからどうなるのかちょっと心配です。
そのせいかどうか外国人の入場者数もあまり伸びませんでした。
万博協会統計によると全体の5パーセントあまりで、そのうち台湾の観光客が18.8%、韓国が15.7%、アメリカが13%、中国が11%、オーストラリアが4.1%・・・
おかげで名実ともにクリーンな万博となり、結果的には良かったわけだけど、公明党の北川国交省大臣が大風呂敷を広げて中国人のビザを全土に広げ、韓国人のビザを免除したと聞いたときはどうなるかとマジに心配しましたよ。
a0020212_2125133.jpg
もしこのせいで犯罪が増えてしまったら中部国際空港にも「中国人と韓国人と犬はお断り」なんて看板が立てられていたかもしれません。
まあ、それは冗談ですが、この万博で一番お疲れだったのは、やっぱりキッコロとモリゾウのぬいぐるみに入っていた人でしょうか。
本当にお疲れ様でした。早く里山へお帰り!
a0020212_295081.jpg
もう、クタクタで立てません!


万博で来日した8か国30人が失跡
[PR]
by lipxlap | 2005-09-26 02:17 | 国内旅行

愛・地球博 グルメ編

今回の万博はゲートをくぐるまでが勝負。
まずリニモの駅がメチャ混みで30分待ち、ゲートの前も手荷物検査が厳重すぎて1時間待ちが普通です。
はっきり言って、お年寄りと体の弱い人は行かないほうがいいでしょう。
それに人気パビリオンは予約してないと長蛇の列で何も見られませんから・・・
私たちもさっさと諦めて、外国館を専門にぐるぐる歩き周ってきました。
特に東南アジアや中南米は並ばなくても見られるパビリオンが多くてお勧めですよ。
珍しい食べ物や飲み物がいっぱいでグルメの人には、たーまりません♪

これは最近人気爆発中の「のびーるアイス ドンドルマ」
トルコ山間の地、カハラマン・マラシュの男子のみに伝承される伝統のアイスです。
「なんで伸びるの?」と聞いてみたら「企業秘密だから教えてやんないよ」と言われてしまいました。ケチ!
a0020212_1305613.jpg
a0020212_205784.jpg

アンデス共同館、ワニのサンドイッチ 1個1000円
これはここでしか食べられない珍味ですね。勇気のあるかたはどうぞ!
a0020212_1315461.jpg

ペルー共和国のビタミンたっぷり(アセロラの2倍)カムカムジュースはいかがですか?
a0020212_1321559.jpg

インドの定番メニュー サモサ?とカレーのセット&マンゴージュース
a0020212_134041.jpg

スペインのレストランは大人気で1時間待ちでした。「なんと、いまを時めくスペインのトップ・シェフ15人が、揃って日本へやってきたのです。
でも私が食べたのはカナッペ(オープンサンド)です。(;^^A
a0020212_1545389.jpg

エッ?もしかして全部食べたのかって?
はいワニサンド以外は全部食べてしまいました。
この他に回転すし、ホットドック、ラーメン、ピザなどなど・・・
あらためて書き上げてみると凄い量ですね。(←_←;)。
[PR]
by lipxlap | 2005-06-18 02:03 | 国内旅行

愛・地球博

志摩半島を7時半に出て、午後1時に「愛・地球博」の会場へ到着。
長久手は予想に反してすっごい山奥でした。
まるでマチュピチュのように、すぐ近くまで来ないと会場の全貌を見ることができません。
愛知って未開発の自然が多く残っている県だったんですね。
情報によると今日は雨にもかかわらず15万人近く入場しているとのこと・・・ (ーー;)
a0020212_0344123.jpg

会場のゲートをくぐると、早速3000人くらいの長蛇の列が目に入りました。 なんだこれは?
どうもトヨタ館の入場券をもらうために並んでいる列らしい。
(/^^)/「トヨタ館パ~ス!」(笑)
a0020212_0202875.jpg

そこでまずはJR西日本や三菱など、比較的人気のなさそうなパビリオンから制覇することにしました。でも・・・
せっかくここまで来たのに人気パビリオンを一つも見ないで帰るのはあまりにも虚し過ぎます。
だから待ち時間2時間以上を覚悟で「長久手日本館」に並んでみました。
a0020212_253792.jpg
a0020212_26488.jpg
a0020212_28669.jpg

ごらんのとおり、養蚕で使う籠目に覆われた繭形のパビリオンです。(この籠目の材料である竹は家の近くにある○○○山から伐採してきたものなんですよ)
籠目はさりげなく、それでいてしっかりと視線を遮る効果があるので、一見するとあまり並んでないように見えますが、実はものすごい人数がならんでいます。
中に入ると360度のスクリーンに映し出されたスケールの大きい映像を楽しむことができます。
地球の真ん中に自分がいるようなイメージをしてもらうと分かりやすいでしょう。
さすが開催国! 政府はいったいいくらの税金を使ったのだろう・・・
[PR]
by lipxlap | 2005-06-16 00:40 | 国内旅行
木曜日の夜、仕事でヘトヘトになった体にムチを打って高速バスで愛知へ出発!!!
一日休みをもらうのがこれほど大変だとは思ってもみませんでした。仮眠もそこそこに早朝、名古屋駅に到着。
a0020212_4205625.jpg
(まだ朝の5時で~す)

でも時間が早いせいか名古屋駅周辺は開いてるお店もなくひっそりと静まりかえってました。同行した友人曰く。「新幹線もまだ寝てるね。田舎だってコンビニとか喫茶店ぐらいあるのに名古屋ってやっぱり変かもしれない」
しかしいくら文句言ってもないものはないのだからここは諦めてじっと待つしかありません。
ホームで空港行きの始発電車が動くまでジュースとお菓子を食べながら遠足気分で楽しく時間をつぶしました。

さあ6時半だ。始発の電車でセントレアへむけていざ出発!!!
目的はもちろん朝風呂♪♪
が☆残念ながら、またまた早すぎてお預けです。(ワンワン)

名物の味噌?カレーうどんを食べながら8時まで時間をつぶす・・・
a0020212_434795.jpg
あ~でも待ったかいがありました。離発着する飛行機を眺めながらの朝風呂は最高です。湯上りの豆乳アイスも美味しいこと、美味しいこと。
a0020212_441268.jpg

話は変わりますが、ここセントレア空港は早朝とは思えないほどの混雑ぶりです。数分間隔で外国の飛行機が離発着していました。さすがトヨタ。これなら十分採算とれることでしょう。
a0020212_44343.jpg

ところで、この時点でまだ10時なんですよ。この日はその他に常滑からフェリーに乗って三重県の鳥羽や伊勢・志摩の観光もしました。
a0020212_452112.jpg

名古屋駅~セントレア~鳥羽水族館~伊勢神宮~志摩半島(泊)
適当に移動したにもかかわらず定刻どおりにちゃんとホテルに到着!
すると同行した友人が「ちょっとぉ、今日は神がかってない? これはお伊勢様の取り計らいかもしれないよ」ですって。
よく分からないけど・・・
時間にルーズな私がたてたスケジュールでピッタシっていうのは、確かにあり得ないことでした。(;^^A 神様アリガト
[PR]
by lipxlap | 2005-06-14 03:46 | 国内旅行

「愛・地球博」

a0020212_1252869.gif
友人と万博に行く約束をしたのは良いけれど、いざ計画を立てる段階になったら、海外旅行より困難な問題が発覚!
関東方面から行く場合、ほとんどのパンフレットには新幹線を利用することを前提に「東京⇔名古屋」と書いてありますが、名古屋のホテルはどこも満室でコネがなければ泊まれません。
たしか旅行社のコースもほとんどが京都や岐阜に一泊して帰ってくるプランですよね。
こんな状況ですから個人で行こうとすること事態、無謀な計画でした。
ネットや旅行社を片っ端から探し回ったあげく、かろうじて空いていたのが三重県の志摩と静岡県寄りの豊橋。(ちょっと遠すぎる・・・)
ざっと見積もって、志摩から会場までの移動時間がたっぷり4時間、豊橋だって2時間はかかると思われます。

§^。^§「車で行って車中泊なんてのはどう?」
(´ヘ`)「いっそのこと日帰りで2往復しようか?」
(≧▽≦) 「カプセルホテルが良い!」
(;^^A 「オイオイ、大丈夫? なんか不安だなぁ。。。」

【スケジュール】

一日目:深夜、高速バスで名古屋へ移動

二日目:セントレア見学(朝風呂もする予定)→フェリーで鳥羽港へ
     →伊勢神宮や鳥羽水族館を見学→志摩温泉に一泊

三日目:鳥羽から名鉄電車を利用(ひたすら万博会場を目指す)
     →閉場時間まで見学→豊橋で一泊(すぐ寝る)

四日目:早起きして豊橋から会場へ(9時入場が目標)
     →午後5時まで見学→名古屋から高速バスで帰宅
       (深夜2時くらいには帰れそう)

五日目:お昼から社長出勤!^^
[PR]
by lipxlap | 2005-05-25 01:26 | 国内旅行

初めて行った万国博覧会

a0020212_0164386.jpg
今、「愛・地球博」が開催中ですが、私ぐらいの年代にとって万博といえばやっぱり1985年に開催された「つくば科学万博」でしょ。
テーマは「人間・居住・環境と科学技術」
(うーん聞いただけでワクワクする!)
ただし、記憶に残っているのは水が下から上に流れていたどっかのパビリオンと、会場に緑がとても少なくて真夏の炎天下で2時間待ちの行列に並び、気分が悪かったことぐらいです。
(ざんねん~~!!!)
しかし、それにもめげず2日間、めいっぱい会場内を歩き回りました。というか好奇心が先にたって、体のことなんかどうでも良かったのかもしれない。(若さってこういうことを言うんだろうな♪ きっと・・・)
そういえば、科学万博はお弁当持っていけたような気がするけど、どうでしたっけ?

ところで現在もその一部が「科学万博記念公園」として整備され桜の名所になっているそうです。
あの頃の筑波学園都市といえば、田舎の真ん中に人工的な建物がぽつんぽつんとあって神戸のポートアイランドのように殺伐とした雰囲気の町だったと記憶していますけど・・・
あれから20年、少しは暮らしやすい町になっているのでしょうか。機会があればまた行ってみたい場所です。

●あの万博の跡地はすっかり桜の名所に
[PR]
by lipxlap | 2005-04-03 00:46 | 国内旅行