日本を応援します?


by lipxlap
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2005年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

日本人の見分け方

5年ほど上海で暮らしていたTさんが1月に無事帰国しました。

 私:良い時期に戻ってこられて良かったですね。
 T:まあね。
   でも中国での生活はいつでもどこでも危険と隣り合わせだからね。

 私:現地の人になりきれば少しは安全でしょ?
 T:ダメだよ。日本人はすぐ分かるから。

 私:どうして?
 T:日本人は身なりが良いんだ。

 私:よれよれのTシャツとジーパンでも?
 T:それでも中国人より綺麗なのさ。

 私:ふ~ん・・・(゜゜)イメージできない
[PR]
by lipxlap | 2005-04-26 20:23 | China関連

BBCの捏造記事

私は戦争を否定も肯定もしませんが、BBCの中国側に隔たった捏造記事だけは影響力が大きいぶん強い憤りを感じます。
確か2月頃にもイギリスのBBC放送が日本は中国人を270万人?も虐殺したと歴史番組かなんかで放送をしようとして日本から抗議されてましたよね。
BBCにとって中国人はそんなに良いお得意様なのですか?
どうであれ、やっていないことまで謝る気にはとうていなれません。

町村信孝外相が 「反日教科書」改善申し入れ
李栄薫教授「国史教科書の日本収奪は膨らみ過ぎ」
外務・文科省、欧米や中韓の歴史教科書を調査へ
------------------------------

何世紀も、日本は、その西への広大な中国の文明の文化領域内にありました。それは中国の書記体系および多数の他の文化遺産を採用しました。

中国の日本との関係中の現代の緊張は、1894-5日華戦争(その中で中国に衝撃の敗北を与えることにより、世界的強国として日本はその出現を目立たさせた)にさかのぼります。日本は台湾(今の台湾)を勝ち取りました。また、1910年までに、それはさらに朝鮮を植民地化しました。
1930年代の初めに加速された日本の軍国化、および資源に乏しい国は、より帝国の賞にその目標を定めます。1931年には、日本が北の東中国に侵入しました。日本は、中国に対するその支配を統合するように努力しました。また、1937年には、それが南を通過しました。

南京の中国の都市の落下は、中国・日本の関係で最も有毒のエピソードのうちの1つを予告しました。殺人の熱狂に乗り出した日本人兵士はレイプします。また、評価が300,000人までどれを示唆するかに略奪することは殺されました。また、20,000人の女性がレイプされました。中国の女性は、さらに日本人の兵士に性の奴隷を務めることを強いられた、何千ものアジアの女性の10年代の中にいました。

日本の政府は、さらにPOWおよび民間の人口に対してそれらをテストして、中国で化学・生物兵器の開発を支持しました。中国の日本のコントロールに対する武装した抵抗は、第二次世界大戦の全体にわたって継続しました。最後に破られて、退却する日本の軍隊は少なくとも700,000の化学兵器に中国を散らかさせておいたと思われます。

米国の日本の形式上の占有は1952年に終了しましたが、それは、今日まで残る軍隊の大きな偶発事をあとにしました。日本と中華人民共和国は、最後に1972年に関係を正常化しました。

The fabrication report of BBC
[PR]
by lipxlap | 2005-04-24 15:35 | China関連
新潟中越地震の時、川口町で珍しい地震雲を見てからというものの、歩きながら空を見上げるようになりました。
雲をマメに観察していると素人でも80%ぐらいの確立で地震を予知できるようになります。
たとえば3月19日の夕方、帰宅途中で北西方向にまるで韓国の怨念が日本に向かってきたような気持ちの悪い地震雲を発見しました。
その雲を眺めながら「また大きな地震がありそうだ。ヤダなあ」と思っていたところ、やっぱり・・・
3月20日午前11時に福岡で震度6弱の大地震が発生!!

ところで昨日の夕方も、またまた北西の方角に細長い地震雲らしきものを発見したのですが、いかがでしょうか。(;^^A
a0020212_23301479.jpg
4月20日、福岡で震度5強の地震が発生!(19日 午後6時撮影)

a0020212_2472119.jpgそういえばスマトラ沖地震のとき像が鎖を切って高台まで逃げたという話がありましたが、今日、ソウル市内を逃げ回った像もやはり何か前兆のようなものを感じとったのでしょうか。
とすると明日あたり韓国で大地震が起きる可能性があります。
あの国は自然に崩壊する建造物が多くあるそうなので、とりあえず気をつけて下さい。

こちらのサイトではもっとたくさんの地震雲を見ることができます。
[PR]
by lipxlap | 2005-04-20 23:55 | その他いろいろ

崩壊へのプロローグ

中国政府が17日に署名入り文章でデモの拡大を牽制しました。

「人々に注意する。調和がとれている社会を作り上げる前提と基礎は安定であり、民衆を要して目を大切にするように社会の安定を守ることを大切にするように。」

米誌ニューズウィーク(電子版)は17日に中国の胡錦涛国家主席が北京で9日に起きた反日デモの直後、共産党政治局常務委員会を招集したと報道。産経新聞もこの記事に関して、もしこれが事実ならば、胡錦涛政権が予期していなかった方向に事態が進んでいることを意味するとコメントしています。

予期していなかった方向とは? やっぱり携帯電話とインターネットでしょうか。
中国政府が今回の騒動で大規模なデモには手も足も出ないことに気づき、慌てて対応を検討したと考えるのが自然です。

ご自慢の情報制御システムが機能しなくなる--->暴動発生--->中国崩壊

そういえば新華社通信の「町村外相が謝罪」報道についても、こんな意見を発見。
「中国のニュースはいつも内外の区別を設けてるのだ」←バレバレ~!

★『反日』デモ 綻び始めた?中国の情報統制

★100万人脱党の中国共産党を世界が注視 ベルリンの壁の如く“崩壊”か?
[PR]
by lipxlap | 2005-04-19 23:59 | China関連

韓国が敗北宣言?

はじめ韓国が反日デモをしたとき、日本では「韓国だからしょうがない」みたいな諦めに似た冷ややかな雰囲気が漂っていました。
しいて言えば指を切ったり、火傷を負った人の愚かさに哀れみをおぼえた程度でしょうか。

ところがです。中国が反日デモをやると聞いたとたん、政府もメディアもまるで水を得た魚のように抗議や報道を始めました。
「水を得た魚のよう」とは自分の力を発揮できる場を得て、生き生きと行動するようす。また、今までしょんぼりしていた者が、能力を発揮する場を与えられて、生き生きするたとえだそうです。
こんなことを言ったら不謹慎かもしれませんが・・・
中国人の不満を煽って、日本も韓国の反日で溜まった政府への不満をガス抜きしているように見えなくもありません。政府に言われるまま、ずっと「冷静に、冷静に」と我慢させられてきた国民の感情もそろそろ限界点に近づいていたはずです。
しかし、韓国人は弱者を演じるのが得意なので、たとえ正論であっても日本のほうがいじめてるように見られてしまう危険がありました。
が、中国人ならば少しぐらい強気に出ても、例のあの傲慢な中華思想のおかげで日本のほうが同情を得られやすいというメリットがあります。
実際、なんだかんだ言っても今回の騒動で一番得をしたのは日本ですからね。
中国が勝手に大騒ぎしてくれたおかげで、とかく印象が薄い日本への注目度は大幅にアップしました。
Googleで世界中のニュースサイトを「日本」で検索してみるとその効果は一目瞭然です。
中国186,000 件、台湾60,300件、韓国64,300件、アメリカ81,400件、U.K.83,800件、フランス7,650件、メキシコ12,800件、ドイツ10.400件・・・
ちなみに日本のGoogleで「中国/韓国」を検索すると、たったの22,000 件/8,410件です。(涙;
さすが13億のパワーは侮れません。w
そういえば小泉首相もそれを想定していたかのような発言をしていましたね。

 記者:「中国が常任理事国入りに反対しているようですが」
 小泉:「まあそれだけ日本が注目されているってことですよ。あはは」

町村外相の訪中にたじろぐ中国
中国人の本音

一方、中国の陰に隠れてすっかり忘れ去られてしまったのがお隣の韓国。
大統領自ら反日したにも関わらず、これといって成果が得られなかったばかりか悪いイメージだけが世界中に広まってしまいました。
今はもう中国と日本の激しい戦いに圧倒されて韓国は比較的静かに・・・
新聞の紙面には中国の反日デモを扱った記事だけが虚しく溢れているらしい。
国民一丸となって日の丸を燃やし、狂喜乱舞したまでは良かったけど、大使館に石を投げたり日本人を襲ったりしなかった(できなかった?)のが敗北の原因でしょうか。

・・・と、思ったら! アララ?

中国反日デモ…現地韓国人の心情は複雑 日本に同情も

a0020212_193422.jpg
そこの韓国人、元気を出しなさい!

[PR]
by lipxlap | 2005-04-17 01:00 | Korea関連
a0020212_4425476.jpg中国が先日、「日本の歴史教科書問題の本質は、日本軍国主義の侵略歴史を正確な歴史観でもって後代に教育できるかという点であり、最近展開されている日本製品不売運動など反日運動は日本が歴史問題を正確に処理していないことに対する不満が表出されたものである」と、日本政府の教科書に対する姿勢を厳しく非難しました。
ところがよく調べてみると、『新しい歴史教科書』をつくる会のシンポジウムでは、すでに何年も前からこの問題について議論が行われており、その結果が皮肉にも今回の『新しい歴史教科書』だったのです。
と言っても彼らには理解できないと思うけど・・・

◆つくる会シンポジウム 「新しい歴史像を求めて」
      ~私たちはどんな歴史教科書をつくるのか~

私は、内閣あるいは政府がどのような外交政策をとるかといった狭い政治の世界と、歴史教科書の世界とは、本来別のものだと考えております。
その時々の政治判断を合理化するようなかたちで歴史教科書が記されるという、そういうかたちは、成熟していない社会の教科書じゃないか。
むしろ日本のような社会においては、個々の政策判断とは独立した歴史教育の課題があるんだと考えております。歴史学というのは、その時々の価値観に拘束されないで、人間の世界には多様なことがあるんだということを学び、視野を拡大するという点が重要だと思います。

政治の世界においても、友好を深めることもあれば、やむをえず緊張・対立が続くということもある。そうした場合に、そのいずれにおいても対応できるようなある種の精神の構えをつくることが、歴史教育の課題ではないかと考えます。

 もう一点、教科書に書く歴史は、日本国がどのように成り立ってきたのか、日本国と日本国民の歴史を確認する。私たちのアイデンティティを確認する。日本はこういう国柄で、こう考えてきたし、今後もこう生きていくんだということを、われわれの共通の前提として確認する。そういうことが歴史教育の課題ではないかと考えております。 (坂本多加雄)

「反日行動にひるむな」 教科書問題 つくる会がシンポ

・・・と、思ったら! アララ?
NYT紙「日本の教科書、韓中よりバランスが取れている」

つくる会の記者会見(動画)

Flash 教科書問題
[PR]
by lipxlap | 2005-04-09 05:20 | China関連
a0020212_23101154.jpg

だんだんエスカレートしてきましたね。
中国には知り合いが多くいるのでとても心配です。

中国四川省成都市で2日午後、日本の国連安保理常任理事国入りに反対する中国人の若者数十人が日系スーパーを襲撃、石やパイプでショーウインドーのガラス数枚を割った。
けが人はなく、警察が中国人数人を拘束した模様だ。重慶の日本総領事館が明らかにした。

 同スーパー前で約3時間、日本の常任理事国入りに反対する署名活動が行われたあと、徐々に過激になった参加者がスーパーを襲ったという。3日午後も、付近で抗議活動が行われた。

http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/news/
20050404k0000m030047000c.html
a0020212_21415721.jpg

[PR]
by lipxlap | 2005-04-03 21:40 | China関連
このあいだ日本が衛星の打ち上げに成功したとき、いちいち日本と比較しないと気がすまないあの韓国がこの件に関してはあまり報道しませんでした。
うむ、これはかなり屈辱的だったに違いない・・・
と思っていたらやっぱりぃ♪

■08年に「アリラン5号」発射へ
685キロメートル上空から地球を24時間精密に観測可能なレーダーを装備した多目的実用衛星「アリラン5号」が、08年に発射される見通しだ。 当初発射が予定されていた10年よりも2年早まった。
科学技術部関係者は3日「衛星に搭載する重要な装置『合成開口レーダー』(SAR)の開発が早まりそうなため、衛星発射の時期もそれに合わせて操り上げる」と話した。
合成開口レーダーは、従来の可視光線を利用した衛星カメラとは異なり、撮影にレーダーを利用するもので、地表の農産物の作況だけでなく、地中資源や海洋資源の分布までも分析できる。 また、曇りの日や夜にも地球を観測でき、軍事衛星としての価値も高い。

どうでも良いけど「アリラン5号」を間違って日本列島に落とさないでくださいね。
1980年代の旧式技術をフランスから買って「独自の技術nida」と誇る韓国の殺人列車「KTX」を知ってるだけにすご~く不安です。

http://japanese.joins.com/html/2005/0403/
20050403174705200.html
[PR]
by lipxlap | 2005-04-03 18:43 | Korea関連

初めて行った万国博覧会

a0020212_0164386.jpg
今、「愛・地球博」が開催中ですが、私ぐらいの年代にとって万博といえばやっぱり1985年に開催された「つくば科学万博」でしょ。
テーマは「人間・居住・環境と科学技術」
(うーん聞いただけでワクワクする!)
ただし、記憶に残っているのは水が下から上に流れていたどっかのパビリオンと、会場に緑がとても少なくて真夏の炎天下で2時間待ちの行列に並び、気分が悪かったことぐらいです。
(ざんねん~~!!!)
しかし、それにもめげず2日間、めいっぱい会場内を歩き回りました。というか好奇心が先にたって、体のことなんかどうでも良かったのかもしれない。(若さってこういうことを言うんだろうな♪ きっと・・・)
そういえば、科学万博はお弁当持っていけたような気がするけど、どうでしたっけ?

ところで現在もその一部が「科学万博記念公園」として整備され桜の名所になっているそうです。
あの頃の筑波学園都市といえば、田舎の真ん中に人工的な建物がぽつんぽつんとあって神戸のポートアイランドのように殺伐とした雰囲気の町だったと記憶していますけど・・・
あれから20年、少しは暮らしやすい町になっているのでしょうか。機会があればまた行ってみたい場所です。

●あの万博の跡地はすっかり桜の名所に
[PR]
by lipxlap | 2005-04-03 00:46 | 国内旅行